レッツコでかけ

子連れのおでかけをテーマにした雑記。小さい子どもがいる人には役に立つ、そうでない人でも読んで楽しめるブログを目指してます!

キャンプ初心者が真夏の海キャンプに張り切って張り切れず失敗した話〜勝浦キャンプ編〜

子連れキャンプデビューは2015年、長女2歳のとき 

猫も杓子もキャンプのこのご時世、我が家もおととしに子連れおでかけの師匠、Kくんママに誘われた親子キャンプイベント(ova nu village )で子連れキャンプデビュー。2015年、長女2歳半の夏。野外料理・アイテム・うんちく。男のロマン3点セット。夫キューどハマり。鼻息荒くテントやタープ等のキャンプアイテムを買い込み、初回から1カ月あけずに次のキャンプを計画。  季節は真夏。夏といったら断然海のFine世代。旅といったら温泉の私アラフォー。レッツゴー、勝浦つるんつるん温泉キャンプ場

勝浦つるんつるん温泉キャンプ場でグループキャンプ(グルキャン) 

参加ファミリーは我が家(ルク、キュー、まー)、先のフェスに誘ってくれたKくん親子、まーと保育園同じクラスのTくん親子の計3家族。なんと、おとなの男手はわが夫キューのみ。我が家以外はママと息子のみの参加。Kくんママはお出かけ及びフェス達人なのでキャンプ慣れしている。Tくんママはまったくのキャンプ初心者。 

ちなみにキャンプ業界では複数家族でキャンプへ行くことを「グループキャンプ(グルキャン)」というようです。自然と静寂を愛するキャンプ場においては、この「グルキャン」は禁止されています。禁止事項が多いキャンプ場って結構多いの。勝浦つるんつるん温泉はそんな禁止事項が少ないキャンプ場、ということもあり選んだところ。

到着したのは0時過ぎ。お昼を現地で食べればいいかと思っていたから。有給をとって金曜日にきたので、キャンプ場は貸し切り状態。選んだ区画は、入口とトイレや炊事場にほど近い芝生エリア。 途中のサービスエリアで朝のおやつを食べすぎて、空腹と体力に余裕があったので先に設置をしてしまおう、ということに。これが初心者すぎる痛恨のミスだった。 

熱中病寸前!灼熱地獄or蒸し地獄の真夏キャンプ

  1. 真夏の正午すぎ
  2. 木陰なし
  3. 初めて買ったタープ
  4. ペグ(杭)が打ちにくい固めの土壌
  5. 男手は1人

以上5点そろった結果、なんと全員熱中症寸前に。 浮かれ足で買ったおしゃれタープの説明書がわかりにくく、さらに選んだサイト区画の土壌がなぜか固くて35度を超える真夏の灼熱地獄の中いつまでたってもタープ(日よけ)が張れない! 芝生サイトのため木陰なし!テントはさすが「Appleの役員も見学にきた」というスノーピーク。初めてでもさくっと組み立てられたけれど、真夏のテントは蒸し地獄。

土壌がかたすぎてペグがゆがむ。顔もゆがむ。おとな全員が般若の形相になってきたところで、いろいろな意味で身の危険を感じて、とりあえず温泉施設へ避難。暑くてもあれば入るよね、温泉。熱っ!

ということで、夏にキャンプに行く予定の初心者の方へ語り継ぎたい。

  • 初めて組み立てるテントやタープの説明書は家で読む。わからなかったら動画で予習。できれば出発前に一度組み立てる。(←賢いTくんママはやっていた。)
  • 真夏のキャンプではサイトは木陰を選ぶ。木陰がないなら、午前中か夕方早めに設置。 
  • そもそも真夏に海キャンプにはいかない 。真夏は気温が低く標高が高い山キャンプがよいみたい。

趣味を仕事につなげて、すっかりアウトドア耳年増になった夫は最近では「初心者は夏に海とかいっちゃうんだよね。だけど海辺はキャンプは向いてないんだよ。」とドヤ顔して語っております。やだ恥ずかしい。 

ちなみに夜はそこまで暑くなく、小型扇風機を用意していたこともあり、心地よくぐっすり眠れましたよ。 これ、アウトドア以外でもなにかと便利。

キャンプ初心者向け解説つき、勝浦キャンプのタイムスジュール

 せっかくなので勝浦キャンプのタイムスケジュールをご紹介。勝浦は我が家お気に入りの観光地で、このとき訪問3回目。※印でキャンプ初心者向けの解説をつけたのでご参考まで。 

1日目

12:00 キャンプ場到着 

13:00 設置に断念、温泉に避難してひと風呂のあとランチ(※1)と休憩。

15:00 設置再開。こどもたちはシャボン玉したり追いかけっこしたり。

f:id:letskodekake:20170310121000j:image

(鬼に金棒、幼児にシャボン玉。)

17:00 近所のコンビニに買い出し

18:00 一杯やりながら(主にキューが)ごはんの準備。※2

f:id:letskodekake:20170310121017j:image

(張ったけど張り方を間違えてるお洒落風タープ)

19:00 夕ごはんは肉料理やら煮込み料理。ビールが進む。

20:00  花火で大盛り上がり!※3

21:00 子どもが寝静まったあとはおとなの飲み会 ※4 

  • ※1 温泉や食事所がついているキャンプ場は少数派。
  • ※2 キャンプは火を起こせる男子必須。いない場合はガスコンロ必須。
  • ※3 花火禁止のところもあるので事前確認を。
  • ※4 消灯時間があるキャンプ場も。おとな時間を楽しみたい方は要確認。

2日目

8:00  全員起床。パンで朝ごはん。※1

9:00  昨日の反省をもとに、暑くなる前にとっとと撤退作業。※2

11:00 勝浦朝市へ。※3 市営駐車場に車をとめてぶらぶら散歩。到着遅かったのでお店閉まりかけだったけど雰囲気は楽しめた。

f:id:letskodekake:20170310150757j:image

(まー1歳のときにいった勝浦朝市)

13:00 鵜原海岸へ海水浴。ランチは海の家で。

f:id:letskodekake:20170310120941j:image

(勝浦は海がとってもきれい。守谷海岸か鵜原海岸がおすすめ。)

15:00 東京へ出発

  • ※1 朝はパンが楽
  • ※2 撤退は、火やゴミなどの片づけがあるので設置より時間がかかる
  • ※3 勝浦朝市は毎週土曜日 

結論

キャンプデビューはできれば梅雨前までにね♡ 私は夏といえば海だから懲りずに真夏海キャンプいくけどね!

(キャンプ初心者にはワンタッチタープが無難です。はい。)